Ocojo Tours
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後生掛から35分で新玉川温泉に到着~~!(近っ)
だが、八幡平をだいぶ下った気がするぞ。

新玉川に着く前に、温泉モコモコしている場所を発見。
そんでもって、きりたんぽも売っている。
ここで途中下車を要求するものの却下される(ふんっ)
…ってことで、俺様たちは新玉川温泉に到着。


新玉川温泉外も中も旅館と変わりなくきれいな新玉川温泉。
新玉川温泉のチェックイン時間は15時。俺様たちが到着したのは11時。またしてもはた迷惑な俺様たち。が、宿は慣れたもので、荷物を預かり~の、すぐにお風呂に入れるように入浴券を発行し~の、休憩所も使えるし、玉川温泉へのバスの時刻表も手早く渡してくれた。できる!


玉川温泉バスで10分、150円で玉川温泉へ到着。
さっきの温泉もくもくときりたんぽの場所である。温泉あり~の、売店あり~のな所。
さぁ、きりたんぽへGo!
が、雨が止んでいるうちに自然研究路を見学するんだと。


玉川温泉自然研究路に入ってすぐ、すでに凄いモコモコ。
このモコモコだけで、すでに天然の蒸気浴みたいな感じがする。
後生掛より地獄度が高い感じ。




玉川温泉大墳(画像クリックで拡大・説明も読めるぞ)
昔玉川温泉のお湯を田沢湖に流してたら魚が死んだらしい。で、玉川毒水。酸性度は後生掛を大きく上回るPH1.2。




玉川温泉とにかく、そこらじゅうからモコモコ。
危ないので近寄るなと書いてある所もいっぱいある。
それでも草が生えるので、植物はたくましいのだ。
岩盤浴小屋以外のところでも、みんな寝っ転がって岩盤浴をしている。


玉川温泉もくもくも凄いのだが、音も物凄い。
この穴は小さくて、あんまりもくもくしていないのだが、掃除機のような音を遠くまで響かせている、なんともパワフルな穴である。




玉川温泉 岩盤浴新玉川で買ったゴザで岩盤浴。
屋根つきの小屋は満員なので、近くで寝転がってみた。確かに暖かい。おばちゃんが弁当を広げたが、宿の案内では岩盤浴のゴザを館内に持ち込ませないぐらい衛生面を考えているので、飲食なども禁止している。雨がポツリポツリと落ちてきたので、早々に撤収。

岩盤浴の服装・持ち物についてはここを参照

玉川温泉 売店玉川温泉の売店に戻ってきたのだ。
風呂は宿に戻って入れば良いか…ってことで、近くに食堂があるから、そこで昼ごはんを食べることに。季節限定のざる中華が一番安いが、通常メニューはかけそば(630円)から。



玉川温泉 食堂俺様の比内地鶏親子丼(800円)
最初の一口はうまい!と思ったんだが、ご飯に対して具が多いので、途中で食べ飽きはじめた。
あのまる子ですら、胃の調子が悪かったみたいで、最後はしんどかったようだ。


玉川温泉 きりたんぽでも、きりたんぽは別腹なのだ。
バスが丁度来たので、きりたんぽは宿に持ち帰って食うことに。





玉川温泉 きりたんぽってことで、きりたんぽを食う。
宿が用意してくれている休憩室で食べたのだが、畳の部屋で快適。きりたんぽはゴマ味。五平餅のようなのも良いが、これも良い。強いて言えば、棒が太い。
(宿の様子につづく)
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

+Recent Entries+

+Category+  

+Monthly+

+Search+

+Comment+

+RSS Reader+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。