Ocojo Tours
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
玉川温泉から田沢湖に出て、そこから岩手へ。
今日は花巻・鉛温泉の藤三旅館に泊まるのだ。

秋田の大雨で遅れた新幹線は激混みで、席に座れずに盛岡に到着。


Hot JaJa盛岡でじゃじゃ麺を食べる。
お店は面倒くさいので、駅に近いHoT Jajaへ。
盛岡冷麺でゆうめいなぴょんぴょん舎のじゃじゃ麺屋。お店からお客さんが溢れて、しばし待つ。



じゃじゃ麺これがじゃじゃ麺。
麺はかなりもっちりしている。味噌の味は悪くないと思うが、水分が少ないからか、はたまた調子が悪いのか、まる子は意外と苦戦している。



じゃじゃ麺チータンタン。
麺を数本残して卵を割って入れると、お店の人が味噌と汁を入れてくれる。タイミング悪く、汁が少しぬるめ。




花巻温泉花巻駅
盛岡駅をぶらついた後、鉛温泉へのシャトルバスに乗るために花巻駅に到着。
バスは周辺の温泉の共同運行で、補助席を使うぐらいの混雑っぷり。


藤三旅館レトロな外観の藤三旅館。
今回はじゃらんで厳選前沢牛しゃぶしゃぶ付プラン木造本館6畳(部屋食・トイレなし)1人1万円のプランである。旅館部ではおそらく一番安い部屋。ちなみに自炊部もあって、若い人が結構使っていた。



藤三旅館玄関入ってすぐの所。
中も良い感じに風情があって、ちょっと期待が持てそうである。窓の向こうは渓流。ロビーで椅子に座っていると、担当の人がやってきて部屋に案内される。俺様たちは3階の部屋。



藤三旅館部屋は渓流側をリクエスト。
期待を裏切ることのない、こじんまりとして風情のある部屋で、電球が少し黄色いのも、窓の向こうの緑も完璧ペキペキである。テレビ・金庫・扇風機・暖房つき。



藤三旅館窓からの眺め。
写真ではわかりにくいが、向こうに滝が見える。渓流を流れる音が本当に心地良い。カメムシが大量発生するから窓が開けられないのだけが残念。来て良かったとじわわわ実感中。



藤三旅館日本一深い自噴岩風呂 白猿の湯。
深さ1.25Mある。源泉の出が悪くなったので、単純に深く掘ってみたら堂だろう?という結果、こうなったらしい。因みに混浴風呂(女性専用時間もある)。温泉の詳細はこっちを見てくれ。



写真提供はじゃらん。
本当は天井が高く、もっと感じの良い風呂。男しか入っていない風呂にまる子乱入。若いピチピチした姉ちゃんも入ってきた♪154センチしかないまる子は、両手を水面に挙げてキョンシー状態でピョコピョコ。俺様は気を抜くと溺れて危険。



藤三旅館湯上り処。
桂の湯(露天風呂あり)も入った後、湯上り処でみんなを待つ。畳が叱れた所やマッサージ機、牛乳やジュースの自販機がある。奉ってあるのは温泉を見つけた白猿。



廊下をパタパタ走り回るおばあちゃんを発見。自炊部の客に館内の説明をしているようだ。


藤三旅館自炊部の売店。
さっきのおばあちゃんは売店のおばちゃんだった。ここもなんともレトロな風情がある(写真をクリックすると別窓で他の写真を表示)。日用品からお土産まで揃うぞ。山ぶどうジュースを購入。



藤三旅館ロビー。
クーラーが効いている。この旅館にはクーラーつきの部屋もあるぞ。念のため。





藤三旅館なんだかわからぬ部屋。
玄関を挟んでロビーの反対側にある部屋。何のための部屋かは不明。記念写真スポットと化している気もする。
この後、旅館部専用の風呂に入る。俺さま的にはやっぱり白猿が最高だな。



藤三旅館本日の夕食。(写真クリックで拡大)
工夫されているし味も良い。プランの前沢牛のしゃぶしゃぶ、うめぇぇぇ~。面白かったのは八幡平で売られていたみず。ビールはプレミアムモルツの生。(この後まったりして就寝)


藤三旅館俺様の朝ごはん。
旅館らしいシンプルな朝ごはん。納豆には宮沢賢治のイラストがついていた。陶板が出てきたのでなんだろうと思ったらハムエッグでびっくり。バターがちょっとくどかったのが残念。それ以外は合格。


盛岡冷麺盛岡冷麺を食う。
チェックアウト後、再び盛岡へ。駅前の盛楼閣で冷麺を食う。ここは辛味が7段階に分かれていて、別というのを注文。自分で好きなだけ入れられる。具にちゃんと味がついていてウマかったのだ。


盛岡駅盛岡駅をぶらり。
まる子はまた、南部せんべい屋でてんぽを貰って食べていた。これで2枚目だ。そして6枚購入。お土産をあれこれ買って重くて動けなくなったまる子はぐったり。土産は体力を考えて買え。



今回はガッツリした温泉宿を目指したので、部屋や食事はいつもほど重視していないのだが、結構充実したな。
しかも、どこの宿のスタッフも良く働いていて、そういう点では気持ち良かった。
まる子についていえば、出発前と初日の寝冷えを引きずる結果になったのだが、やつの場合自業自得だ。
何はともあれ、無事帰宅。5泊6日の八幡平ツアー、これにて終了。


藤三旅館鉛温泉 藤三旅館
http://www.namari-onsen.co.jp/
岩手県花巻市鉛字中平75-1
電話:0198-25-2311(代表)
秘湯を守る会の会員。予約はじゃらん楽天トラベルるるぶ(JTB)等で扱っている。
スポンサーサイト
<こんなこと言うと失礼なんですけど
1万円??
もちろん写真のご飯が付いているんですよね。
まる子チャンってよく旅行に行かれているだけあって
上手に旅館を選んでいるんですね★
お風呂もご飯も美味しそうだし
お安いし、
国内旅行も見直したわ~。
よしっ!今月行くぞっ!(行けるかなぁw)
Ocojo-Tours
THANKS FOR
YOUR MASSAGE !
2007-09-19
From : りぼんねこさん
URL:
りぼんねこちゃん、安いっしょ?
これに入湯税が加算されるけど、
ポイントを使って泊まってるので、
実質9000円で泊まってますw
(その分ビールをたらふく呑んじゃったけど)

さぁ、りぼんねこちゃんも温泉旅行にGO!
Ocojo-Tours
THANKS FOR
YOUR MASSAGE !
2007-09-19
From : まる子さん
おじゃまします
来ちゃったよ!!

温泉旅館 いいねぇ~
癒されますね
たまにはゆっくり鄙びた温泉で
ゆるりと過ごしてみたいですね

では また来ますね
Ocojo-Tours
THANKS FOR
YOUR MASSAGE !
2007-09-20
From : turiskiさん
turiskiさん、いらっしゃい。

いいですよ~、温泉。
特にこれからのシーズン、
釣りを楽しんだあとの温泉はきっと最高ですよ。
でもって、自分で釣ったものを料理してもらったら
格別でしょうね。
Ocojo-Tours
THANKS FOR
YOUR MASSAGE !
2007-09-20
From : まる子さん
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

+Recent Entries+

+Category+  

+Monthly+

+Search+

+Comment+

+RSS Reader+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。