FC2ブログ
Ocojo Tours
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイクサイド ヴィラ 翠明閣夕食は優雅にフランス料理なのだ
レイクサイド ヴィラ 翠明閣出てくる料理の説明を聞いて、ワインはフランス産とかいろいろあったが、シャトーふらのの赤にする。
「そうですね…富良野の真っ白な雪の中でぱっと輝き放つ赤い実の、素朴で健気で愛らしく、それでいて深さと強さを兼ね備えた…」なんて稲垣吾郎辺りはいうんじゃろかい?しっかりとしたボディでコクはあるけど、赤ワインにありがちな埃くささがない、うまい山葡萄のワインである。食前酒はドライシェリー酒。

レイクサイド ヴィラ 翠明閣王子スモークサーモンとホタテのタルタル仕立。
ソースの上のチャービル(だと思う)がいい味を出している。






レイクサイド ヴィラ 翠明閣オマール海老のクリームスープ。
めちゃくちゃ濃厚。






レイクサイド ヴィラ 翠明閣フランス産フォアグラのポワレ ベリーを使ったソースだと思う。メニューではトリュフ入りとなっていたが変更になったらしい。下にあるのは大根。フォアグラと大根はめちゃくちゃ合うのだ。フォアグラの焼き加減、最高で口の中にうまさが広がる。
焼きたてのもっちりとしたパンが出てくる。うまい。添えられているバターもうまい。おかわりがもらえたのでおかわりする。


レイクサイド ヴィラ 翠明閣姫鱒のエチュベ フリルドメール入りグラッセ。
名前を見るとなんのこっちゃ?と思うかもしれないが、姫鱒が入ったクリーム仕立ての巨大なラザニア(?)のようなものだ。
姫鱒はこの時期養殖ものらしいが、かなり濃厚な一品。




レイクサイド ヴィラ 翠明閣お口直し。
比較的料理の味が濃厚なので、結果的にシャトーふらので正解。
これよりボディーが弱いと料理に負けてしまうし、強いと全体的にくどくなってしまう。




レイクサイド ヴィラ 翠明閣蝦夷鹿肉のトルノド 猟師風。
鹿の内臓などをソースに織り込んだ一皿。鹿はレアで臭みがなく、ソースは濃厚。こういうのはなかなか食べられない。
ぶっちゃけ、こういう宿にありがちな創作フレンチかと思って期待していなかったが、思いっきり正統派。飲み物リストにビールがないわけだ。ちなみにスパークリングワインと日本酒はある。



レイクサイド ヴィラ 翠明閣季節のサラダ。
このタイミングでのサラダは、心安らぐ。






レイクサイド ヴィラ 翠明閣チーズを持ってきて取り分けてくれるので、3種類とももらう。チーズの名前は忘れた。ヤギのチーズがうまい。でもって、シャトーふらのともよく合う。チーズはフランス産。




レイクサイド ヴィラ 翠明閣デザートはチョコレートケーキとシャーベット。ケーキの下はナッツが砕かれたもので、食感が良い。チーズやワインの味が残ってるので、一口目はチョコレートケーキを食べるのがお勧めなのだ。
食後はコーヒー。
俺様たちには縁がないようなちゃんとしたフランス料理で満足~~~~



レイクサイド ヴィラ 翠明閣ストーブが入ったラウンジでお酒や飲み物もいただけるらしいのだが、おなかいっぱいなのでくつろいで部屋に戻る。冷蔵庫には缶ビールも冷えてるしな。




レイクサイド ヴィラ 翠明閣昨日の夜は星と月がきれいだった。向かいにある丸駒温泉の方から月明かりがまっすぐ、湖の上を部屋に向かって伸びていた。
千歳空港で買った飲むヨーグルトを飲む。




レイクサイド ヴィラ 翠明閣朝ごはんは和食。釜炊きご飯とたくさんのおかず。大根はハート型。
今日は晴れていて湖と山がきれい。樽前山からは煙がもくもく。





レイクサイド ヴィラ 翠明閣デザート






レイクサイド ヴィラ 翠明閣食後のコーヒー。






レイクサイド ヴィラ 翠明閣チェックアウトまで、テレビを見てマッサージ機で遊んでのんびりする。
10時の宿のバスで千歳まで送ってもらう。
なにをするわけでもないっていうか、温泉に入って、きれいな景色を見て、うまいもん食って良い宿だったのだ。



部屋はこっち

今回のプラン
ANA楽パック レイクサイド ヴィラ 翠明閣
1月5日出発 航空券+翠明閣(スタンダードルーム1泊2食) 1名47400円
航空券なしの場合は1泊2食 25000円~35000円程度
スポンサーサイト
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

+Recent Entries+

+Category+  

+Monthly+

+Search+

+Comment+

+RSS Reader+

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。