FC2ブログ
Ocojo Tours
戦う京都
京都タワーは今日も元気(だと思う)


『漬物だったら、千枚漬けがいい』と、まる子の実家からのリクエストを受けたのだが、第一候補にしていた店は、千枚漬けの販売を終了していた。蕪の季節にしか作ってないんだと。
ってなわけで、新たなる候補を求めてJR伊勢丹へ(写真は伊勢丹から撮った京都タワー)。
漬物や佃煮の方へ流れてゆくと、そこで京都の酒っていう催事をしていた。…といってもほんの3件+滋賀の酒1件だが、試飲ができるのはありがたい。

『良かったら試飲してください』って声をかけてくるので試飲しようとしたのだが…

どのみち、今日買うと荷物になるし、ペケ川に味をみてもらってから決めたいってことで、試飲だけさせてもらうことにしたのだが、なんだかなぁ。俺さまたちに対する態度と、男、特にオヤジに対する態度と違うのな。

俺さまにはフウカクっていうものがあるのでともかく、確かにまる子は結構ばばぁの癖に童顔だし、お金を持ってるようには見えない。だが、コイツは『一生の間に何回ご飯を食べている?』と真剣に考えているような人間なので、買うと決めたらぽんと買うのだ。

そいでもって、俺さまは酒なら何でも言いのだが、まる子はときどき醸造アルコールを飲むと口に違和感を感じる事があるので、全部を試飲できないときやたくさん種類があるときは、純米から飲ませてもらってるんだが…そんなこんなが気に入らないオババがいたのだ。
(※ちなみにまる子はハ○スカレーのルーに含まれている成分にも子供の頃から口に違和感を感じるらしく、熱狂的なカレー好きなのだがここのカレーだけはダメなのだと)

まぁ、京都のお酒を天下一品だと思っているのは構わないのだが、『純米酒から飲ませてもらって良いですか?』っていうことにも、『あ~生意気、京都のお酒を知らない田舎者やオコジョや娘が純米酒だと』『全国酒類コンクール・本醸造酒部門で1位になったキ○シ正○の酒を知らない田舎もんはこれやからあきまへんなぁ。それを呑む前から純米と言ってくるとは』みたいなオーラがどんどこやってくるのだ。

ついでに言うが、俺さまは飲んだことがないのだが、そこのメーカーはそれなりに京都では名前が知られてる酒蔵。で、最初にそこの高いお酒を飲ませて貰ったのだが、ぶっちゃけ、その前2つの知らないメーカーの方が俺的にはうまかったのだ。
まぁ、ペケ川もまる子も俺さまも、吟醸や大吟醸だからおいしいって思うタイプではないから、酒蔵が売りたいお酒と食い違う事は多々あるけどな。それを音痴っていうなら音痴なんだろう。
だいたい俺やペケ川は酒好きなので、安くてうまくて酔えりゃ良いってところがあって、最初から大吟醸には興味がないって言えばないし。
だが、まる子は重度の貧乏性<<||越えられない壁||<<食い意地って言う人間なので、欲しけりゃ買うのになぁ。
ってなわけで、結局、そこのメーカーのは2種類試飲しただけ。

『お酒って言うのは、飲む場所でも味が変わるってわかります?ここで呑むのと、家で呑むのも違うんですよ』
そのオババはそう言ったのだが、おめ~こそわかってないようだな。
おめ~にバカにされて呑むお酒がうまいと思うか?

俺がキレようとした瞬間、そのオババは京都のお酒を良く知ってそ~な身形の客を見つけたらしくそっちの相手をし始めたので、俺たちは他の酒蔵に移ることに。

おかげで今回はそこの酒蔵以外で1本ずつ、系3本のお酒をGET。思わぬ収穫。とりあえず横須賀の家に送っちゃったので、また呑んだら感想を書くよ。

それ以外にも伊勢丹にはおもしろいものがいっぱいあったぞ。
おじゃことか、シュークリームとか、そのほかモロモロ。

おじゃこは松ヶ崎のたけのうちっていう店なんだけど、ちりめんじゃこは優しい味なのに、山椒は今までどんな形でも食べた事がない目が覚めるようなきりっとした味。いつもはやよいで買ってたんだけど(っていうか、本当に好きなのはここの葉とうがらしなのだが)、今回はこの店。たまたま伊勢丹に出してたらしいけど、ブエノブエノ!ムチャスうまいっす!
ここのおばちゃんも、お姉ちゃんも良い人だったしな。

まぁ、俺様たちの京都旅行はこんな感じで進んでいくのであった。
スポンサーサイト



<まる子さんは本当のグルメなんですねぇ★感心を通り越して
感動しました(*'v'*)
確かに有名店のものが美味しいとは限らないしサービスも味のうちですから、「家の店はね」なんて人から、物を買って美味しいわけがありません(`・ω・´) 京都オババに負けるなっ。名古屋女の意地を見せてやってくださいw
Ocojo-Tours
THANKS FOR
YOUR MASSAGE !
2006-04-28
From : りぼんねこさん
りぼんねこしゃん 嬉泣
りぼんねこしゃん、ありがとお。

まる子は雑食なだけですが、食い意地だけはとてつもなく張ってます。

どこの店のものだろうが、おいしいもの(&値段が見合うもの)を買いたい実質主義の名古屋人のまる子は、そんなら万人相手のデパートで売るなって思いました。

いいもんね~、愛知県にはおいしい日本酒が山ほどあるもんね。

愛知は和菓子も洋菓子も日本酒も、実はかなりレベルが高いのに、全国的に知られてないのが悲しゅうございます。
おまけに味音痴なんていう人までいて信じられのぉございます。

りぼんねこしゃんの料理だっておいしいのにねぇ。
失礼だよね。ね。
Ocojo-Tours
THANKS FOR
YOUR MASSAGE !
2006-04-29
From : まる子さん
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback URL
http://ocojo.blog45.fc2.com/tb.php/86-2e98f588
+Recent Entries+

+Category+  

+Monthly+

+Search+

+Comment+

+RSS Reader+